人気ブログランキング |

タグ:関西 ( 5 ) タグの人気記事

010 「湯たんぽ」

【兵庫県尼崎市在住 佐々木淳子さんの作品】

今は昔と違って形やデザインは違っていますが、
本来の暖かさを保つ湯たんぽは変わっていないです。
by yellow_data_book | 2012-03-07 00:04 | 「かたち」部門

009 「玄米食と糠について」

【兵庫県神戸市在住 堀切美津子さんの作品】

日本人の食習慣が玄米食から白米食へと変わり定着。
そして洋食化した現在、生活習慣病の予防や改善対策を目的とした保健指導の中でも和食を、
そして玄米ご飯が進められる。

しかし玄米ご飯は圧力釜で炊いても白米と違いゴツゴツとして…と、容易に受け入れられない。
我が家でも精米時に白米から七分搗き米に、五分搗き米に。
慣れたところで三分搗き米のつもりが、又も七分搗き米で依頼してしまった。
玄米の持つ栄養分は出来るだけ全部摂取したいと考えていたのに、
これで米の成分であるビタミンB1、B2、B6、ビタミンEが失われることになる。勿体無い!!

暫く考えた末、糠を持ち帰り家でいり料理に使用することにした。
早速、糠を大きめのフライパンで色づくまで乾煎りし、塩少々を加えてみたところ
炒り糠は、砕けた米がカリカリと少々甘みもあり、香ばしく美味しい!
とても糠とは思えない美味しさ。

糠と知ったら家人達は食すのに抵抗あるのではと思い摺り胡麻を混ぜてみたところ、
そのままでも美味しく摺り胡麻と遜色ない。
食卓では摺り胡麻としてふりかけに、お浸しに、おやつにもと…。
これで無理に玄米食にしなくとも、米の成分全てを無駄なく補給することになる。

今欲しい食材は玄米粉(全粒米粉)で、今後も玄米粉を探す一方、
職場でも好評であったクッキー、クレープに。
その他粉物に混ぜたり、味噌汁やかす汁にと活用、料理の巾を広げたいと思っている。

古代から玄米を蒸し、握りつぶして円形にして携帯食にした“もちいい”、
蒸した米を干した“ほしいい”、焼き米とともに保存食にしたといわれる米。
この魅力的な食材をもっと見直したい。炒り糠の名称では勿体無い!

今こそ与えられた食品に頼るだけでなく、自らも身体に優しい食材の選択で、
より健康生活の心掛けが必要な時代ではないかと実感したので報告します。
by yellow_data_book | 2012-03-07 00:03 | 「食べる」部門

004 「形ある物は命ある 命ある物は最後まで」

【大阪府八尾市在住 大崎幸子さんの作品】

a0258456_19455356.jpg
a0258456_1946054.jpg


私は昭和八年生まれの七十八歳。
小学校六年生のときに終戦を迎え、その後、物のない時代を通ってきました。
どんな物でも一変では捨てず、新聞紙に入ってくるチラシでも、大きい物で生ごみを包んだり、
お友達に庭の花をあげたり、裏の白いものはメモ用紙、後は子供会に。

また、若い頃に洋裁をしていたので、古い服を直してベッドカバーやコタツ布団に、
カーテンで椅子のカバーやクッションと、布地は捨てた事がなく、
趣味でパッチワークを自己流でしています。
着物もリフォームして服に。
ネクタイでスカートとベスト、かばんと、我家は再生したものばかりです。
毛糸も何回も編み直して、五十年前の糸で編み直した服を着ています。

あまり外食はせず、お店屋さんで作った物は買いません。
煮豆、ひじき等は時間が有るので全部煮物は家で。
小さな庭で野菜も作ったり、漬物もつけて、佃煮も自分で。
古くなった(つかりすぎた)キュウリの漬物と終わりかかった庭の青じその葉や花を佃煮にしたり、
人参の皮とゴボウをキンピラにしたり。

「形ある物は命ある 命ある物は最後まで」

私はどんな物でも一変で捨てた事が有りません。
もう一変形を変えても使えないかと考えて再生する事に喜びを感じています。
by yellow_data_book | 2012-03-01 00:04 | 「かたち」部門

003 「大根の千切り器」

【京都府京都市在住 細木京子さんの作品】

a0258456_1933366.jpg


夫の母親から受け継いだ、50年近く使っている木製の千切り器です。
大根や人参の千切り用に使い続け、先端がすりへっていますが使い勝手がよいのです。

冬にはあたたかいかす汁が欠かせません。
出し汁の中で大根、人参、お揚げが煮えたらたっぷりの酒粕と少々の味噌を溶かし、
ねぎのみじん切りをたっぷりと入れればできあがり。
by yellow_data_book | 2012-03-01 00:03 | 「かたち」部門

002 「焼いも鉄なべ」

【京都府京都市在住 細木京子さんの作品】

a0258456_19281265.jpg


50年ちかく前から我が家の床下に居座っている、焼きいも用鉄板なべです。
ふたの真中はガラスでできているので中のおいもの焼き具合が見えます。

冬になると出番です。ジイジ、バアバ、お父さん、お母さん、子どもたち、焼いもを口に入れると、なぜかニコニコ幸せになってしまうのです!
知人の手作りのおいもだと最高においしいです。
by yellow_data_book | 2012-03-01 00:02 | 「かたち」部門


3R低炭素社会検定 生活イエローデータブックの作品紹介ブログです。


by yellow_data_book

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
「かたち」部門
「食べる」部門
「ことば」部門

タグ

(5)
(4)
(2)
(1)
(1)

以前の記事

2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧