人気ブログランキング |

014 「鎮守の森」

【東京都日野市在住 齋藤俊吉さんの作品】

東京に長く住む私にとって、武蔵野という言葉は、懐かしい響きを持ちます。
また、武蔵野といえば国木田独歩の「武蔵野」を思い出しますが、
この小説を知る人は少なくなっているかもしれません。
武蔵野という名は、現在、鉄道の路線名、市名、地名等で残ってはいますが、
武蔵野という名に愛着を持っている人はそれほど多くはないかもしれません。
私にとって、武蔵野に不可欠なものは、森であり、林であり、雑木の木立です。

その中でも、特に懐かしいのは、「鎮守の森」です。
「鎮守の森」は日本全国どこにでもあり、武蔵野に独特のものでもなく、
昔から多くの人々に愛されてきました。
いま、「鎮守の森」はどのような状況になって いるのでしょうか。


a0258456_188686.jpg
         ▲八王子市東中野にある熊野神社の秋祭り


♪村の鎮守の 神様の 今日はめでたい 御祭日
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
朝から聞こえる 笛太鼓♪


a0258456_184933.jpg

上の写真にあるみすぼらしい木立は、東京の日野市にある石明神社のものです。
「この神社は旧新井村の鎮守でした。と同時に、古くから土方歳三が生まれた隣の
石田村の鎮守にもなっていました。」と、日野観光協会の資料にあります。
以前は、鎮守の森にふさわしい木立であり、5年程前まではアオバズクが営巣していることで、
愛鳥家にとっては雛の巣立ちが待ち遠しい場所でもありました。
しかし、現在は木立と呼ぶには淋しい状況にあり、当然、アオバズクの姿はありません。

a0258456_1842893.jpg


低炭素社会にとって、緑の保全は必要不可欠です。
木立の持つ意義を再認識しつつ、「鎮守の森」という言葉とともに、
鎮守の森そのものも大事に残し、地域の絆ともなるお祭りも是非残したいものです。
by yellow_data_book | 2012-06-28 18:00 | 「かたち」部門


3R低炭素社会検定 生活イエローデータブックの作品紹介ブログです。


by yellow_data_book

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
「かたち」部門
「食べる」部門
「ことば」部門

タグ

(5)
(4)
(2)
(1)
(1)

以前の記事

2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧